性交渉未経験でもなりうる病気2種について・・・未経験でも性病になる?!衝撃だった性病診断

性病というと、夜のお仕事をしている方やそこで遊んでいる方や異性に対してだらしのない人が感染しているイメージがありますよね。実際にそういった場所で性病は確かにありますが、現代の日本では一般の成人男女でも性病は多くの感染者がいると言われています。

有名なのはクラミジアや淋病、梅毒などの異臭や激痛を伴うもので性行為から感染するものがあります。男性の場合は泌尿器科、女性の場合は婦人科を受診する事でしっかりと完治させる事が一番です。そんな性病ですが、性体験未経験の人でも性病になることがあるのはご存知でしょうか?今日はその中から女性がかかりやすい性病をご紹介したいと思います。

「カンジダ膣炎」

これはあまりにも有名かもしれません。カッテージチーズのようなおりものが出始め、段々と膣や外陰部が痒くなってきてどうしようもなくなってくる病気です。少し異臭もあり、異常なかゆみがあるので最初は洗うだけで済むと思い放置していると後々の治療に時間がかかり苦労します。

引証:ジスロマックの通販・個人輸入代行なら後払いOK|アイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/drug/zithromax.html

このカンジダ膣炎というのは女性の膣内にあるカビの一種である真菌のカンジダアルビカンスという菌によって発祥します。ストレスや疲れが重なり、体力や免疫力が落ちたときになりやすいとも言われています。処女の場合でも膣内に錠剤を入れ、真菌を減らす必要があります。

また、外陰部にもかゆみがある場合は膣錠の他にクリームも処方されます。一度癖になると再発しやすい点もあるのでしっかりと完治させる事が重要です。

「トリコモナス感染症」

こちらはちょっと衝撃的かもしれません。簡単に言うと、目には見えないほどの小さな虫が性器に入り炎症を起こしてしまう病気です。女性の場合はニオイのキツいオリモノとかゆみがあり、おりものはカンジダ膣炎のような白ではなく黄色いものが出てきます。

男性の場合はやや分かりにくいかもしれませんが排尿するときに軽い痛みを感じる事があります。このトリコモナス膣炎は、プールやトイレなどの公共の場で感染する事が稀にあります。浴槽での感染もあるので家族間でも注意が必要な病気です。特に深夜に繁盛する繁華街近隣のトイレなどはリスクも高いので、しっかりとアルコール除菌を使ってから便座に腰をかけるようにしましょう。

またこの病気は感染する病気なので、感染が分かり次第家族やパートナーと一緒に薬を飲んで完治させる必要があります。
薬で完治する事が出来るので、自覚症状がなくてもしっかりと家族やパートナーに説明をして服用してもらうようにすることも重要です。

トリコモナスは小さい事もでもなりうる病気なので夏場のプールや温泉なども気をつけなければなりません。常に清潔でいる事で多くの病気は防げますが、知っておく事で被害を最小限に抑える事も出来るのでしっかり覚えておく事も大事です。

『性病についてきちんと知識を蓄えておきたいという人の為のサイト』のサイトマップ